生活学習倶楽部は、不思議や疑問を学ぶ、生活お役立ち情報サイトと検定・資格情報を提供しています。



生活学習倶楽部
お役立ち情報サイト&検定情報

           

  

 
観光特産士とは 観光コーディネータとは 販路コーディネータとは セールスレップとは

情報マガジンのご案内

特産・工芸品のメルマガ
観光情報ノメルマガ
マーケティングのメルマガ
商品を仕入れる人のメルマガ
営業の検定メルマガ
コンサルタントのメルマガ
書籍「つくる」から「売れる」へ


観光を学ぼう!



お問合せ
会社情報

日本セールスレップ協会は、「営業のプロ」としての人材育成活動を行い、製造業、流通小売業、卸・問屋業、営業、エージェントを問わず、幅広い業種・業態に対応した研修プログラムを提供しています。

 


JMC(社)日本販路コーディネータ協会



一般社団法人日本販路コーディネータ協会
が認定する販路コーディネータ資格は、商品企画、
製品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、「マーケティングコンサルタント資格」です!

新商品企画提案書とは
 

 

新商品企画提案書

 「市場ニーズに基づく“新商品企画書”と“新製品開発提案書”の考え方   

<市場調査> 

・手順:
販路コーディネータ
は、各自の持っているスキルと“知識、情報、推定”を基に、新用途開発の市場調査項目を設定します。 
・販路コーディネータ資格研修の“新用途開発”では、「販売可能な新用途・市場分野への商品開発」を指します。創造性・独創性のあるアイデアを期待します。 
・この作業は基本的に受講者個人で、他の人と相談せず、自分の考えを記入します。 
・調査項目は、次に出てくる「新製品開発提案書」の項目が埋められるような情報収集をすることが求められます。

<新製品開発提案書> 

・手順:
指定用紙「新製品開発提案書」に記入、=疑似メーカー(自社社内)を設定し、新製品開発提案の骨子と提案内容について理解が求められるように説明できるようにします。 
・「新製品開発提案書」は、販売部門がメーカー((自社社内)開発部門)に開発を要請する、或いは提案するときに使われるものです。
 ・記入項目が沢山ありますが、販売部門が“新製品開発提案書”をメーカーに出すということは、 「メーカーが提案書の通りに新製品が完成したときには、販売部門はその製品を販売する責任がある」ということを含んでいます。 
・言い換えれば、販売責任のある「新製品開発提案書」をメーカー(開発部門)に出すことにより、メーカー(自社社内)はより真剣になって、販売部門からの “新製品開発提案の商品を開発する”という仕組みになっています。 
・「新製品開発提案書」の全体の仕組みは研修フローチャートのようになっています。「提案書」作成までがあります。

メーカー(自社社内)ものづくりアドバイザーへの要請 ⇒ 製販会議 ⇒ 
市場調査 ⇒ 販売部門検討 ⇒ 新製品開発提案書発行 ⇒ 新製品開発回答書

<資格研修ポイント> 

・新製品開発提案書の中には、沢山の情報を記入せねばならないことがあります。それはメーカーが必要としている情報であることを理解してください。
 ・新製品開発提案書の記入内容が“ハードルが高く、厳し過ぎれば”メーカーにとって実力以上の提案なので、受理できないことになります。 メーカー)自社を含む)の実力を理解し、実力の少し上を狙って提案することが重要です。


販路コーディネータ資格試験

例えば  
 1)提案価格が実力以上で、とても達成できない安い価格であれば提案の意味を失います。  
 2)また需要金額が事業規模に比べ少なかったり、販売見込金額が少ない場合、メーカーでは採算性が合わないので開発中止の判断をするでしょう。  
 3)性能のハードルが高すぎる場合でも、また開発期限などが極端に短すぎる場合でも、メーカーが受理できないことになります。 *提案のポイントはメーカーの実力を知り(想定し)、市場の視点とメーカーの実力(固有技術)を睨みながら 「開発後発売しても売れるもの、競合商品と闘えるレベルのもの」を提案することです。

・一方、注意点として、開発ターゲットが甘く、簡単すぎた場合、開発後、販売部門が「これでは売れない、競合製品より高い、悪い」 と言うことは、明らかに販売部門のターゲットの設定ミスであり、メーカーの開発投資が無駄になることを考慮すべきでしょう。    
そのことは折角の“新製品開発提案書の仕組み”を活せない販売部門の怠慢という判断がされるでしょう。 
・常に販売部門と、製造するメーカーとの間には、考え方の溝(Gap)があると思います。その溝を如何に話し合いで少なくし、両者の妥協点を見出しながら、「現実的な開発ターゲットを決め、新商品開発をし、新しい事業の柱を作ってゆく」ことが重要です。

新製品認定審査資格のご紹介   販路コーディネータ資格 

-------------------------------------------------------------------------------- セールスレップ関連ページ
 
専門家短期養成研修
セールスレップ試験・研修全日程カレンダー

 

資料協力:一般社団法人日本販路コーディネーター協会

 

日本観光文化検定協会は、地域の観光や特産品、歴史、文化について一定の知識を持つ人に「観光特産士」、上級ライセンスとしての「観光コーディネーター」の合格証を授与しています。

JTCC日本観光コーディネーター協会


 

 

生涯学習倶楽部

 
このサイトをぜひ、ブックマークをしておいてください! 
いつでも覗きに来てください!

Copyright(c)Seigaku. All Right Reserved.