日本営業士会情報メールマガジン
本部事務局:東京都北区赤羽西4−4−2 info@nrep.jp
メールマガジン新規登録・バックナンバー

購読開始・購読解除

お名前  メールアドレス
購読開始 購読解除(購読解除の方はメールアドレスのみご記入下さい。)

メールマガジンバックナンバー

日本営業士会情報誌「商品開発」と「商品企画」の違いとは/商品開発スキルアップ研修10月19日(土)(銀座)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本営業士会メールマガジン http://http://www.nrep.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------
■「商品開発スキルアップ研修」(銀座)のご案内
----------------------------------------------------------------
10月の研究会は「商品開発スキルアップ研修」として
10/19(土)午後2時、銀座の中小企業会館で行います。

なお、商品開発スキルアップ研修をお聴きになる前に、
「商品開発」「商品企画」についての
以下の記事をお読みいただくと、理解が一層深まると思います。
    
   「商品開発」「商品企画」の違い 
    <日本商品開発士会>
    http://www.jmcp.jp/planner04.html

----------------------- 記 -----------------------
 
「商品開発スキルアップ研修」

 斎藤講師は、広告代理店でマーケティング戦略やTV−CM等の広告宣伝、
企業広報、SP(セールスプロモーション)、食品メーカーではマーケティング
と商品開発を担当し、独立後は千葉県産業振興センターの専門家として活躍して
います。
 成功事例だけでなく、失敗事例を含めて数多くの事例から、商品に係わる方に
役立つ内容となっております。

「新ビジネスモデルのススメ」
〜地域資源を活用した商品開発ニーズ対応のビジネス化事例〜
<想像し得なかった新製品を開発し、資源の新市場をも拓くプロデュース事業>

・クライアントが驚く 想定を上回る製品開発を実現する手法や着想とは
・地域資源の活用用途が拡がることによるメリット
・資源と資源の〇〇〇〇を引き出し、掛け合わせて〇〇〇〇〇〇の商品を創る

 講師自身が実践し、事業として実績を挙げているビジネスモデルの一部を公開。
従来の商品開発理論の応用、延長にとどまらない”ポスト・コンセプト・デベロ
プメント ”と位置付けている事例を紹介します。

 ■日時  2019年10月19日(土) 14:00〜16:30
 ■会場  中小企業会館C会議室  東京都中央区銀座2-10-18
 ■参加費 資格登録者3,240円(税込) / 一般5,400円(税込) 
      /セールスレップ・販路コーディネータ協同組合員無料
      ※9/30までの金額です。10/1以降は変更されます。
      
  詳細・お申し込みは http://www.nrep.jp/eigyoushi_info/mm120.html

----------------------------------------------------------------
■その他の研修日程予定
----------------------------------------------------------------
全国一斉試験
2019年11月10日(日)東京・大阪・福岡会場
http://http://www.nrep.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールは日本営業士会の発行する情報メールマガジンです。
掲載内容のご意見、お問合せは、JSP本部事務局まで。

メルマガ登録/解除はこちら
http://http://www.nrep.jp/cgi-bin/maga01/backno.cgi

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
 ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。

【JSP 日本営業士会 本部事務局】
東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階
E-MAIL info@nrep.jp
URL http://http://www.nrep.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━