「営業士検定」は、わが国唯一の当協会の検定制度です。日本営業士会が,認定者に合格証を付与するものです。


日本営業士会


 



 


 

 
 
 

TOP    メールマガジン  セミナー  研究会  交流会  プレス

 

 

 

 



ご挨拶

  日本セールスレップ協会(一般社団法人日本販路コーディネータ協会内) は、平成13年よりITを活用した研修事業に着手し、協会と共に日本型セールスレップ取り組みの草分け的存在である経済産業省認可のセールスレップ・販路コーディネータ協同組合と連携し、わが国で初めて本格的に営業のプロであるセールスレップの研修事業に着手しました。平成15年には当時経済産業省の外郭団体であった中小企業総合事業団(現中小企業整備機構)における「セールスレップ研修事業」「営業マンの養成事業」等を行ってまいりました。  
 日本で唯一のセールスレップ及び営業士、販路コーディネータ、マネジメントマーケティング・コーディネーターーの資格認定団体です。
 
 よく聞かれることですが、「営業士」と「販売士」とは異なります。営業士は、「製造業、メーカー企業、サービス企業」を中心に、商業系、工業系、IT系、環境系、医療系、建築系、その他サービス業などのあらゆる商品・サービスが対象となっています。一方、販売士は一般に「小売業」の販売に必要な人材育成で「商品も小売店舗」を中心としたものなります。 

  「モノが売れなくなり」、ますます、実力を求められる企業等の営業職は、アドバイザー力やマーケティング力、情報力、製品評価力などが必須のスキルと知識になっています。従来の営業員のイメージは、新規開拓営業であれば、精神論の強い体育会系の訪問量重視のスタイルや、ルート営業であれば、ルーチン化した営業戦略・戦術の提案も少ない御用聞きスタイルなどがありました。しかし、社会の環境が大きくが変化し、これまで営業士のカリキュラムが重点としている「科学的営業」がさらに求められる時代になりました。積極的にスキルと知識を身につけずに活動を行う営業員も少なからず、いまだ存在していますが、「科学的営業」を理解し、行動することで営業員自身の売上げか大きく異なる時代です。

 何卒、今後とも皆様のご支援を賜りますよう、心からお願い申しあげます。

   JMCグループ会長 小塩 稲之

 

 

<お問い合わせ先>
日本営業士会

Email info@nrep.jp
TEL 03-5948-6581(代表) 
〒115-0055 東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階
日本営業士会(一般社団法人日本販路コーディネータ協会内)


本営業士カリキュラムは、大手、中小企業を問わず、長年親しまれてきた研修・試験制度です。 
その特徴は、短期間に営業人材のスキルアップを目指される企業や、職業訓練校、専門学校等に採用されています。 


新刊情報




学校認定校制度



営業士初級認定 
当協会認定の教育課程を履修し単位修得した者に、学校の申請に基づき資格認定証を授与


営業士資格の情報

 「営業士検定」は、わが国唯一の当協会の検定制度です。10年以上の資格認定機関としての実績と信頼から培った当協会の認定する検定試験は、当協会の検定試験により、認定を行うものです。 なお、別途、研修のコースがあります。研修により理解を深められたい方、学習時間が限られている方などのために設定されています。認定研修プログラムは、研修と研修後の試験により認定を行います(全国試験は免除されます)。研修は席数に限りがあります。試験での受験は、受験申込専用フォームからお申込みください(※営業士は、営業士の呼称及び、当協会のロゴマークを使用できます)。

各級のレベル
一般社団法人日本販路コーディネータ協会内の「営業士」の試験は、合格すると「営業士」として認定されます。級種は初級〜マスター。初級は基本的な営業業務、上級は営業管理業務や営業指導を含むレベル、ではマネジメント・マーケティングに関する高度な専門知識が出題されます。

資格の活用と支援
当協会は、セミナー、講演会、勉強会などの研修  営業力強化、販売力強化、展示会活用力強化、マーケティング力強化、販売戦略立案、商品開発力強化など、中小企業様の「売れるものづくり仕組みづくり」実現のためのセミナー、講演会、また勉強会のため、当協会の認定講師を派遣し、実践に基づく実務的な内容として評価いただいております。
詳しくはこちらから>>

メルマガ・プレス
無料メールマガジン登録
ニュース/プレス新着情報
 

Copyright(c)JSP All Right Reserved.