「営業士検定」は、わが国唯一の当協会の検定制度です。日本営業士会が,認定者に合格証を付与するものです。


日本営業士会


 



 


 

 
 
 

TOP    メールマガジン  セミナー  研究会  交流会  プレス

 

 

 

 

営業士初級試験概要

 「営業士検定」は、わが国唯一の当協会の検定制度です。10年以上の資格認定機関としての実績と信頼から培った当協会の認定する検定試験は、当協会の検定試験により、認定を行うものです。
「営業士」の試験は、合格すると「営業士」として認定されます。級種は初級〜マスター。初級は基本的な営業業務、上級は営業管理業務や営業指導を含むレベル、ではマネジメント・マーケティングに関する高度な専門知識が出題されます。

初級 営業従事者に関する全般的な基礎知識を理解している。 営業従事者として、必要なスキルと基本的な方向性について理解している。営業担当者などが対象。
上級 企画型営業の応用知識を習得している 製品取り扱いにおける応用知識を習得している。中堅幹部クラスが対象。
マスター 経営に関する高度の専門的な知識を身につけ、経営、企業評価の実践知識を習得している 。製品評価、商品・サービス(ソフトウェア含む)の取り扱いにおける実践知識を習得している。幹部クラスが対象。

初級からの受験になります。
(※営業士は、営業士の呼称及び、当協会のロゴマークを使用できます)。

●営業人材育成カリキュラムには、基礎、応用、実践までの「営業士初級−上級用教材」があります。本カリキュラムは、営業人材育成のための教育研修、及び試験問題は特別に編成されたカリキュラムの教材、試験で構成されています。メーカーからの視点と販売先の双方の視点で商品、販売、販売促進、技術を理解し、営業に必要なマーケティング知識や営業技術、生産や商品開発等の知識とスキルを重要視しています。

受験の例 営業士初級公式テキスト
1.営業活動の基本 
営業の基礎知識から応用編までやさしいカリキュラムで習得できます。 
2.マーケティングの基礎 
基礎知識と事例を盛り込んだ内容です。 
3.コミュニケーション技術とプレゼンテーションの知識
コミュニケーションは技術ではなく、これを会得する体験のワークショップ、KJ法などを用いた研修や、企業とどうコミュニケーションを取るか、企業や商品・サービス、さらに自分自身をどう売り込むか、そのためのプレゼンテーションなどの事例が盛り込まれています。 
この初級研修で大切なことは、一辺倒の講義ではなくて「社会で活躍出来る人を創る」という考え方に基づき、編集されていることです。
※テキストの購入は、一斉試験にお申込みの方に限らせていただいております
※試験料、テキスト代はすべて合算でお振り込みいただけます。

試験科目
T.マーケティングの基礎
  営業におけるマーケティングの重要性
  マーケティングの基礎知識 
 マーケティングの4P 
 マーケティングの事例と演習

U.営業活動の基本業務 
 営業の基礎 営業の機能 
 営業目標の策定 
 環境変化と営業計画の対応 
 訪問計画 商談の流れ 
 クロージング・フォローアップ

V.コミュニケーション・プレゼンテーション 
 コミュニケーションの基本
  ビジネスコミュニケーションスキル 
 インベントリーシステムの基礎知識 
 プレゼンテーションと営業
 コンサルティングの基礎 営業活動の深耕

●受験対象者
・受験資格の制限は特にありません。

●試験日と申請期間
 

項目

2018年度 上期
受付締切日


2018年5月20日(日)まで

試験日


2018年6月17日(日)

・13:30〜13:40・・・受付
・13:40〜13:50・・・試験ガイダンス
・13:50〜15:20・・・学科試験


<開催地>
札幌 仙台 東京 名古屋 大阪 福岡

お申込

受付フォーム


上期試験予定会場>
※試験会場は変更となる場合がございます。詳細は受験票をご確認ください。

会場
会場名
住所
札幌会場

札幌市内予定

仙台会場 仙台市内予定
東京会場 赤羽会館 4階 大ホール 東京都北区赤羽南1丁目13-1
名古屋会場 名古屋市内予定
大阪会場 ドーンセンター 大会議室3 大阪市中央区大手前1丁目3番49号
福岡会場 福岡市内予定



●料金 8,640円(税込み)

●資格認定試験の合格基準
・学科試験の出題範囲
 テキストに準じる(テキストの内容と、それを理解した上での応用力を問う)
・合計点が満点の60%以上

●申込方法 
・本ページの試験専用お申込みフォームより、受け付けています。
・お申込みフォームに必要事項をご記入の上、送信していただいた後、お申込み内容の控えと受験料ご入金先口座等を記載したご案内メールを自動配信させていただきます。
・ご入金の確認が出来ましたら、電子メールにてご連絡いたします。
・テキスト類をお申込みいただいた方には、お申込みいただきましたご住所へテキストを送付させていただきます。
受験票は試験日の2週間前までにお送りします。
 

当日の携帯品
・筆記用具 ・腕時計(携帯電話の利用不可) ・身分証明書
・計算問題用の電卓(携帯電話、パソコン等は不可)。

合格発表
・通知 ・結果のお知らせは、合否のみの通知となります。

ご注意
・会場の詳細は、電子メールにてお知らせします。会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。
・開始時間の5分前には必ずご着席ください。
・お申し込みに際しては、実施要項をよくお読みください。
・当日、遅刻の取り扱いや不正行為における対応、また問題・解答用紙等の持出し等禁止事項については、協会の規定に順じます。
・本実施内容は、不正競争防止法等によって保護されています。日本販路コーディネータ協会の書面による承諾の明示がない限り、一部またはすべてを開示・複製すること、それを掲載・発行することはできません。
・お申込み後の会場および日程の変更はご対応いたしかねますので、ご注意下さい。
一旦納入いただいた料金は返金いたしません。またお申込み後の会場変更はご対応いたしかねますのでご注意ください。ただし実施日の7日前までに、電子メールにて事務局宛(support@nrep.jp)にキャンセル連絡をいただいた場合に限り、1回のみ日程変更の対応をいたします。
・ファイル受信できるメールアドレスを推奨します。また、迷惑フォルダ等に入らないよう受信設定をお願いいたします。
<携帯電話のメールで「ドメイン指定受信機能」をご利用中のお客様>
・連絡メールをお送りさせて頂くため、下記ドメインのご登録をお願いします。
 ■nrep.jp

 受験票が届かない場合は、誠に恐れ入りますが、発送予定日より1週間後までに事務局までお問い合せ下さい。
 上記、未着などのお問い合せ期間にお問い合わせなく受験が出来なかった場合、ご了承のうえご容赦ください。


営業士資格登録
登録及び認定証の交付
営業士資格は、登録制となっております。試験合格後、住民票抄本(本人のみ)3ヶ月以内、 資格登録申請書のご提出と資格登録料23,760円(初回資格登録料10,800円、年間登録料12,960円)のお支払いにより、営業士資格認定証を発行いたします。
※資格を昇級された場合、資格登録料および年間登録料を新たに重複して頂戴することはございません。
※次年度以降は、年間登録料12,960円のみで登録更新されます。
※登録期間途中で登録解除される場合、ご返金はいたしません。

■資格更新失効の規定
1.初回登録手続期限までに、初回登録手続きを行わなかった場合
初回登録手続期限までに、初回登録手続きを行わなかった場合は、改めて試験もしくは研修の再受験、再受講となりますので、ご留意ください。

2.初回登録手続期限後、3ヶ月以内に登録手続きを行えなかった場合の特例措置  
初回登録手続期限後3ヶ月以内に登録手続きを行えなかった場合、特例措置として3ヶ月前に1年分の資格登録料を納めた形として、資格登録を継続することができます。
ただし、この場合の更新月は、3ヶ月前に初回登録手続を行ったこととみなしますのでご留意ください。

3.資格を1年以上更新されなかった場合 
資格登録者で1年以上更新されなかった方は、失効したその級から再度認定を受けていただくことで復帰できます(例:2級保持者は2級から)。再認定の場合は、試験もしくは研修の再受験、再受講となります。その際は再度、入会金(登録時)、資格登録料が必要となります。

4.退会する場合は指定の書式でご申請ください
※退会する場合は、メールかお電話にてご連絡ください。その後事務局から指定書式をお送りしますのでご記入いただき、ご郵送ください。郵送が着時点で退会完了となり、その後の更新料はいただきません。

上記、2.3の更新希望者は本部事務局までお問合せください。1の方は、改めて再度受験、受講のお手続きをお願いいたします。

■退会における規定
退会する際につきましては、必ず、上記の指定書式に基づき、ご郵送となりますので、よろしくお願いいたします。

<お問い合わせ先>
日本営業士会

Email info@nrep.jp
TEL 03-5948-6581(代表) 
〒115-0055 東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階
日本営業士会(一般社団法人日本販路コーディネータ協会内)


本営業士カリキュラムは、大手、中小企業を問わず、長年親しまれてきた研修・試験制度です。 
その特徴は、短期間に営業人材のスキルアップを目指される企業や、職業訓練校、専門学校等に採用されています。 


新刊情報




学校認定校制度



営業士初級認定 
当協会認定の教育課程を履修し単位修得した者に、学校の申請に基づき資格認定証を授与


営業士資格の情報

 「営業士検定」は、わが国唯一の当協会の検定制度です。10年以上の資格認定機関としての実績と信頼から培った当協会の認定する検定試験は、当協会の検定試験により、認定を行うものです。 なお、別途、研修のコースがあります。研修により理解を深められたい方、学習時間が限られている方などのために設定されています。認定研修プログラムは、研修と研修後の試験により認定を行います(全国試験は免除されます)。研修は席数に限りがあります。試験での受験は、受験申込専用フォームからお申込みください(※営業士は、営業士の呼称及び、当協会のロゴマークを使用できます)。

各級のレベル 日本セールスレップ協会の「営業士」の試験は、合格すると「営業士」として認定されます。級種は初級〜マスター。初級は基本的な営業業務、上級は営業管理業務や営業指導を含むレベル、ではマネジメント・マーケティングに関する高度な専門知識が出題されます。


資格の活用と支援
当協会は、セミナー、講演会、勉強会などの研修  営業力強化、販売力強化、展示会活用力強化、マーケティング力強化、販売戦略立案、商品開発力強化など、中小企業様の「売れるものづくり仕組みづくり」実現のためのセミナー、講演会、また勉強会のため、当協会の認定講師を派遣し、実践に基づく実務的な内容として評価いただいております。
詳しくはこちらから>>

メルマガ・プレス
無料メールマガジン登録
ニュース/プレス新着情報

Copyright(c)JSP All Right Reserved.