「営業士検定」は、わが国唯一の当協会の検定制度です。日本営業士会が,認定者に合格証を付与するものです。


日本営業士会


 



 


 

 
 
 

TOP    メールマガジン  セミナー  研究会  交流会  プレス

 

 

 

 



ニュース/プレス情報
リクルート「稼げる資格2016」に営業士、セールスレップ、販路コーディネータ観光士、観光特産士、が掲載されました。


営業士資格認定
【マーケティング武装、情報武装したマーケティング・セールスのスペシャリスト】

品質や価格だけではモノが売れない時代となり、企業の営業職にはマーケティング、情報力、製品評価力、そしてアドバイザー力などのスキルが求められている。営業や企画戦略のスキルを習得しているので、サービス業をはじめ幅広い分野で即戦力として活躍できる。

セールスレップ資格認定制度

【企業の営業と販売先を結ぶ橋渡し役】
メーカーの営業機会拡大のコーディネータ役として、マーケティングを駆使した提案型営業とフィードバックにより活躍。中高年世代や女性が活躍できる機会が多い。




●販路コーディネータ資格認定制度


【高い販路選定能力とマーケティングコンサルタント技能をもつ専門家

●企業経営者の立場にたち、事業戦略や商品戦略、販売戦略などに関する悩みに応える販路コーディネータ。資格認定制度ではビジネスプランから製品開発、販売活動まで幅広い知識を身につけることができる。
●販路コーディネータの資格取得により、新たなビジネスチャンスが生まれ、活躍の場が拡大する可能性も。企業内スペシャリストはもちろん、販売やマーケティングに強いコンサルタントとして独立をめざす場合にも武器になる。




観光士資格認定制度

【新しい観光メニューを開発・立案し、事業規模に合わせた展開を図る専門家】

これからの観光は、地域経済を活性化させる街づくりや地域おこしに必要な文化やくらし、歴史、伝統、景観等についてマーケティングを背景に再評価し、新しい観光メニューづくりが必要になってくる。観光士は、地域の特徴ある観光資源の発掘と場おこしを進めながら、地域特産の開発、販売、販促戦略の企画推進や実行計画立案、認知促進をはかるスキルと知識が問われる。

観光特産士資格認定制度

【まちおこしや魅力的な地域ブランド開発に貢献する人材を育成】

まちおこしや地域ブランド開発に貢献する人材を育成する。
観光や特産品、地理、歴史、文化などについて一定の知識を持つと認められた人には、日本観光文化協会が合格証を発行する。観光業界で活躍する「観光」の専門家として、「観光コーディネーター」を目指すことができる。



 お問い合わせは
 Email support@jrep.jp


<お問い合わせ先>
日本営業士会

Email info@nrep.jp
TEL 03-5948-6581(代表) 
〒115-0055 東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階
日本営業士会(一般社団法人日本販路コーディネータ協会内)

Copyright(c)JSP All Right Reserved.


本営業士カリキュラムは、大手、中小企業を問わず、長年親しまれてきた研修・試験制度です。 
その特徴は、短期間に営業人材のスキルアップを目指される企業や、職業訓練校、専門学校等に採用されています。 


新刊情報




学校認定校制度



営業士初級認定 
当協会認定の教育課程を履修し単位修得した者に、学校の申請に基づき資格認定証を授与


営業士資格の情報

 「営業士検定」は、わが国唯一の当協会の検定制度です。10年以上の資格認定機関としての実績と信頼から培った当協会の認定する検定試験は、当協会の検定試験により、認定を行うものです。 なお、別途、研修のコースがあります。研修により理解を深められたい方、学習時間が限られている方などのために設定されています。認定研修プログラムは、研修と研修後の試験により認定を行います(全国試験は免除されます)。研修は席数に限りがあります。試験での受験は、受験申込専用フォームからお申込みください(※営業士は、営業士の呼称及び、当協会のロゴマークを使用できます)。

各級のレベル 「営業士」の試験は、合格すると「営業士」として認定されます。級種は初級〜マスター。初級は基本的な営業業務、上級は営業管理業務や営業指導を含むレベル、ではマネジメント・マーケティングに関する高度な専門知識が出題されます。


資格の活用と支援
当協会は、セミナー、講演会、勉強会などの研修  営業力強化、販売力強化、展示会活用力強化、マーケティング力強化、販売戦略立案、商品開発力強化など、中小企業様の「売れるものづくり仕組みづくり」実現のためのセミナー、講演会、また勉強会のため、当協会の認定講師を派遣し、実践に基づく実務的な内容として評価いただいております。
詳しくはこちらから>>